パン生地がベタベタ!原因はなに?

パン生地がベタベタでなかなかまとまらない!


手にいつまでもくっついて嫌になっちゃう!


パン生地のベタベタにお悩みのあなた。


ベタベタの原因と対処法について、3回にわたってお話しますよ♪


原因1.水分が多すぎる

まず考えられるのが、 水分量


多すぎるのかもしれません。


実はパンに使われる小麦粉は、 種類によって吸水力が異なります


レシピに書いてある水分量は、あなたが使っている粉にはちょっと多いのかも!


5~10g減らして試してみて♪


パン生地は、ほんの少しの水分量の調整で硬さが大きく変わります。


原因2.生地温度が上がりすぎている

こねていると手の温度が生地に伝わって生地温度が上がります。


生地温度が上がると、パン生地の骨格となる グルテンがゆるゆるモード に。


生地がだれてまとまりにくくなります。


夏場や、体温の高い方は注意が必要。


グルテンは 低い温度できゅっと引き締まり 高い温度でびよ~んと緩む 性質を持っているということを覚えておきましょう。


原因3.発酵不足

発酵途中の生地を触ったことはありますか?


これはパンの種類にもよりますが、特に水分量の多いパンの場合、表面を触ると指にくっついてびよ~んと伸びます。


でもしっかり発酵させてあげると、表面に張りがでてベタベタしなくなるのです。


もともとベタベタする生地でも、少し発酵を待ってあげるだけで扱いやすくなる場合もありますよ♪




今日はここまで♪


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


ではまた次回のコラムで♡


この記事を書いた先生
NAgisaさん

Nagisa
BOM3級 / 2級

手ごねパン教室coron、講師のNagisaです♩
オンラインレッスンをメインに活動中♪
理論に基づいた考察とイラストで、楽しくわかりやすい説明を♡
電気オーブンでも美味しく焼けるようサポートします♪

他のおすすめページ

  1. パンの生地を「こねる時間」って何分?

  2. 冬のパン作りの注意点(対策編3)

  3. 冬のパン作りの注意点(対策編1)

  4. バターの「可塑性」ってなに?

  5. パン生地がベタベタ!原因はなに?(続編)

  6. パンの丸めってなに?