リーンなパンとリッチなパン 製法の違いは?(リッチ編)

『リーンなパン』の製法について前回のコラムではお伝えしました。

今回はリッチなパンについて代表的な3つの工程をみていきましょう♪

①リッチな生地はよくこねよう!

リッチなパンには砂糖や卵、バター、牛乳などの副材料がたくさん入っています。

それらの材料はパン生地を柔らかくするという特徴がある反面、グルテンの形成を妨げてしまうという特徴も。

そこで、リッチなパンはグルテンがしっかりとつながるまでよくこねてあげましょう。

生地に張りと弾力がありグルテンの薄い膜が見えるくらいがベスト。

よくこねられた生地はふわふわでとっても気持ちいいですよ♪

②発酵は早く進む

酵母の餌となる糖分がたくさん入っているので発酵もスムーズなのですがうっかり過発酵になってしまうことも。

酵母の量や温度を調整して膨らみすぎないように気をつけましょう。

製法としては、こね~焼成までを一気に行う ストレート法 や、2段階に発酵をとる 中種法 が多いです。

③焼成は作りたいパンによってコントロールできる

副材料がたくさん入っていると色付きや釜伸びがよくなります。

そのため 作りたいパンに合わせて温度や時間をコントロールできる のがリッチなパンの良いところ。

白パンなら150~160℃程度、その他のパンは200℃前後~というように幅広く対応できます。

ただし、長時間焼きすぎると生地が硬くなってしまうので注意しましょう。

2回にわたってリーンなパンとリッチなパンの製法の違いについて見てきましたがいかがでしたか?

使う材料によって製法もこんなに違うのは面白いですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました♡

この記事を書いた先生
パン作りを理論で学ぶ「BOM協会」

小田佳容子
BOM3級 / 2級 / プレ認定

パンとおやつの教室 happy dining おだかよこです。
初心者さんにも子育て中のママにも忙しいあなたにも、みんなに届けたい。
暮らしに寄り添うパンやおやつを通して、みなさんに笑顔が広がると嬉しいです。

他のおすすめページ

  1. 毎月配信!「パンマニアサロン」パンのレシピ&レシピ動画配信サービス

  2. パン生地がベタベタ!原因はなに?

  3. パン作り失敗の原因「グルテンとは?」

  4. 一次発酵~その役割と方法は?②

  5. パン生地に使う油脂のお話

  6. リーンなパンとリッチなパン 製法の違いは?(リーン編)